かけらを集める(仮)。

日記/旅行記+メモ帳+備忘録、みたいなものです。

牧野貴×大友良英(上野ストアハウス)

1984年11月に行われた高柳昌行の北海道ツアー(釧路→北見→札幌→函館)※の際に、同行の副島輝人が8ミリで撮影した映画『北走譚』を、映像作家の牧野貴が解体・再編集した映像(新に撮影した映像が加えられている)※※に、大友良英がツアー時の音源を元にしたカセット、CD、およびに高柳昌行が使っていたギター(Gibson 175)を用いて、音(楽)を即興でつけた、上映/演奏会。前半の1時間ほどの上映/演奏、後半に牧野・大友の二人のトークが行われた。
※この北海道ツアーの高柳の演奏は、2011年に「META IMPROVISATION」というアルバムになっている。なお、北海道ツアーでは、高柳の演奏の他、副島によるメールス・フェスの映像上映と質疑応答も行われたとのこと。
※※牧野は副島撮影所蔵の8ミリフィルムのデジタル化を手伝っていたとのこと。また、『北走譚』をもとにした、作品制作は、副島による示唆に基づくとのこと。制作にはなかなか踏み切れなかったが、副島の遺した作品がどうなっているのかという旨のメモにより、制作が進んだとのこと。新に撮影したパートは多摩川の水面が撮られている。なお、フィルムは片目にフィルターをかざす方式の3Dで上映された(2Dで観てもよい)。