かけらを集める(仮)。

日記/旅行記+メモ帳+備忘録、みたいなものです。

東遊園地など 神戸・須磨(10)

戻る

  • 帰ってきた新宮晋作品 創価学会兵庫池田文化会館前の歩道に設置されている新宮晋《星の肖像》は、前回(2018年8月26日)訪ねた時は、撤去されていて、その跡しか見られなかったが、今回、改めて訪ねたところ、無事に復帰していた。修理のために一時撤去されていた、ということのようだ。めでたし、めでたし。

f:id:pigmonm:20191110135335j:plain:w240
f:id:pigmonm:20191110135354j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110135410j:plain:w240
新宮晋《星の肖像》(1981)

  • 東遊園地 revisited 次は東遊園地に立ち寄った。ここも何度も訪ねたところだが、相変わらず見落としだのなんだのとちゃんと観覧していない彫刻がある。と、公園の南側は神戸ルミナリエの準備が始まっていて、立ち入れない場所があり、今回も見落としていた彫刻を観ることができない…泣 で、今日は土曜日だし、北側は人が多いんだろうなあと思っていたら、はたしてその通りで、環境造形Qの「日本近代洋服発祥の地記念彫刻」の周囲(というか、上、なんだけど)も人だらけで、今回も写真は撮れなかった。まあ、次の機会ということで…

f:id:pigmonm:20191110135424j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110135438j:plain:w240
柳原義達《愛「仔馬の像」》(1966設置)。


f:id:pigmonm:20191110135451j:plain:w360
井上玲子《わたしと私》(1987設置)。神戸市役所庁舎の再整備に伴い、今年の春、こうべ花時計が東遊園地・南側に移転したのに伴い、本作も移設されたようだ。


f:id:pigmonm:20191110135505j:plain:w360

f:id:pigmonm:20191110135520j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110135537j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110135550j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110135608j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110135622j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110135640j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110135653j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110135707j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110135722j:plain:w360
《ふれあいの滝》(1981設置)。制作は新谷澤子、新谷琇紀、新谷英子、新谷英夫。神戸市婦人団体協議会が創立30周年を記念して設置・寄贈。今回の彫刻放浪は、新谷ファミリーの特集みたいなところもあったので、この共作もどかんと掲載しておこう。


f:id:pigmonm:20191110135805j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110135824j:plain:w240
新谷琇紀《MARINA》(1976/1976.4設置)。株式会社セリザワグループと神戸市公園協会の寄贈。1995年の阪神淡路大震災の際に、この像も倒壊し、時計も壊れたが、その震災の記憶をとどめるために、時計はその時刻「(1995年1月17日)午前5時46分」を示したままになっている。


f:id:pigmonm:20191110135844j:plain:w360
木内克《エーゲ海に捧ぐ》(1972)。


f:id:pigmonm:20191110135736j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110135751j:plain:w360
《加納宗七》(1981設置)。制作は福田青陽。「加納町の由来」と題した説明板があった。


f:id:pigmonm:20191110135901j:plain:w240
f:id:pigmonm:20191110135912j:plain:w240
《MOZART》(1991.11.2設置)。W.A.モーツァルトの没後200年を記念して、全国の有志の協力により設置された。像の作者など、詳細は不明。

f:id:pigmonm:20191111111519j:plain:w240
環境造形Q《スプリング・ストーン》(1981)。東遊園地の北東出入り口に設置。

  • 三宮駅近くで適当に食事をとり、ポートライナー神戸空港駅に向かう。340円SUICA神戸空港駅からベイシャトル乗り場までは徒歩。5分ほど。駅から乗り場まで無料バスも出ているが、歩いてもすぐなので、今回は乗らなかった。17:00発のベイシャトルに乗船。帰りも30分強の航海で、関空のベイシャトル桟橋に到着。ここからT2まで無料バスで移動。このバス、T1に立ち寄ってから、T2に向かうのだが、なんだかぐるぐる回って、なかなか着かない感じ。20分ぐらいかかったか?
  • チェックインにはまだ間があったので、T2の7でコーヒーとおやつを買って休憩するなど。90分前になったので、チェックインを済ませ、保安検査場を早々に抜け、待合ロビーで、本など読んで時間を潰す。
  • (チェックイン前にアナウンスがあったので、知っていたのだが、)昨日のドローン騒ぎの影響で(関空周辺でドローンが目撃されたとかで、一時滑走路が閉鎖され、遅延や決行が出た)、乗員繰りのために出発が25分遅れた。離陸は21:00頃。少し揺れたが、予定どおり1時間のフライトで、22:00頃、成田空港に着陸。終バスに楽勝で乗れると思ったら、駐機場までの移動に時間を要し、飛行機を降りたところで、残り10分を切っていた。162ゲートから歩いての移動だったので、のろのろ歩くと乗りおくれる、やばいなと、ここから猛ダッシュする。で、ぎりぎりで終バスに間に合った。が、息が切れて、気持ちわりい苦笑 23:30過ぎには、なんとか無事に帰宅。実は、成田空港が24:00まで運用されることになったため、T3、23:55発が終バスになったのだが、22:25発から間があく上に、深夜便で料金が倍の2000円になるのよ苦笑


戻る
最初に戻る

ポートセンター街園と海岸通 神戸・須磨(9)

次へ
戻る

  • ポートセンター街園

f:id:pigmonm:20191110134224j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110134239j:plain:w240
f:id:pigmonm:20191110134252j:plain:w240
新谷英夫《みどりの泉 “憩い”》(1955/1993.11設置)。当初、神戸市緑地協会の依頼により、1955年制作・設置されたものが(場所は?)、花隈線整備に合わせ、1993年に現在地に再整備されたとのこと(説明板「建設の由来」による)。その際に、英夫の子供たち、澤子、琇紀、英子の作品も設置されたようだ。


f:id:pigmonm:20191110134306j:plain:w240
新谷秀雄《紫煙》(1979)。もとは別の場所に設置されていた作品らしい(タイトル通りJT関連)。移設時期などは不詳。


f:id:pigmonm:20191110134320j:plain:w240
f:id:pigmonm:20191110134334j:plain:w240
新谷澤子《MAN》(1993)


f:id:pigmonm:20191110134348j:plain:w240
f:id:pigmonm:20191110134401j:plain:w240
新谷澤子《WOMAN》(1993)


f:id:pigmonm:20191110134414j:plain:w240
f:id:pigmonm:20191110134429j:plain:w240
新谷琇紀《GIRL ON A COLPHIN》(1993)


f:id:pigmonm:20191110134442j:plain:w240
f:id:pigmonm:20191110134456j:plain:w240
新谷英子《SEA BREAZE》(1993)

  • 国道2号海岸線プロムナード

f:id:pigmonm:20191110134510j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110134525j:plain:w240
非核「神戸方式」の碑(2007.3.18建立)。上部の少女像は、廣嶋照道《海》。非核「神戸方式」記念碑建立実行委員会による。神戸中華總商会ビル前に設置。


f:id:pigmonm:20191110134538j:plain:w240
松尾雄治《空を翔ぼう!》(1987)。真っ黒ですが。ここからが「国道2号海岸線プロムナード」作品。西から順に。


f:id:pigmonm:20191110134552j:plain:w240
f:id:pigmonm:20191110134605j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110134617j:plain:w240
山崎正義《反射》(1990)


f:id:pigmonm:20191110134632j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110134648j:plain:w240
f:id:pigmonm:20191110134707j:plain:w360
淀井敏夫《ローマの公園》(1976)


f:id:pigmonm:20191110134723j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110134740j:plain:w360
峯田義郎《THE HORIZON '88》(1988)


f:id:pigmonm:20191110134755j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110134809j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110134824j:plain:w360
和田真澄《暁の海より》(1983)



つづく
戻る
最初に戻る

須磨離宮公園と須磨海浜公園 神戸・須磨(8)

次へ
戻る
f:id:pigmonm:20191110132051j:plain

須磨離宮公園現代彫刻展 1968年に第1回が須磨離宮公園で開催され(主催:神戸市、日本美術館企画協議会、朝日新聞社)、以後、ビエンナーレ形式(隔年開催)で、1998年(第15回)?まで開催された。

f:id:pigmonm:20191110132009j:plain:w240
f:id:pigmonm:20191110132023j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110132038j:plain:w240
掛井五郎《夏の花》(1977)。第7回現代日本彫刻展(宇部市常盤公園)・神戸市須磨離宮公園賞。鑑賞温室内、東側出入り口付近に設置。

f:id:pigmonm:20191110133001j:plain:w360
《ポセイドンの像》。解説板によると、原像は1926、1928年にギリシアの海底で発見されたもので、紀元前5世紀中頃の数少ない青銅大彫刻の遺品だとか。1970年の日本万国博覧会を機に友好を記念して、ギリシア政府から神戸市に寄贈されたものとのこと。ポセイドン広場に設置。


f:id:pigmonm:20191110133023j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110133038j:plain:w240
f:id:pigmonm:20191110133050j:plain:w360
福岡道雄APPLE》(1971)。第4回現代日本彫刻展(宇部市常盤公園)・神戸須磨離宮公園賞。おべんとう広場(レストハウスの北)に設置。


f:id:pigmonm:20191110133105j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110133119j:plain:w240
岩城信嘉《大地からの円筒》(1981)。第9回現代日本彫刻展(宇部市常盤公園)・神戸市須磨離宮公園賞。噴水広場の東に設置。

f:id:pigmonm:20191110133134j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110133148j:plain:w240
f:id:pigmonm:20191110133202j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110133217j:plain:w240
環境造形Q《メタモルフォーゼ −平行移動−》(1987)。須磨離宮公園現代彫刻展・第10回展記念。噴水広場の東に設置。


f:id:pigmonm:20191110133233j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110133249j:plain:w240
湯村光《STONE WORK-7》(1983)。第10回現代日本彫刻展(宇部市常盤公園)。神戸市須磨離宮公園賞。噴水広場の東に設置。


f:id:pigmonm:20191110133302j:plain:w240
f:id:pigmonm:20191110133317j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110133332j:plain:w240
f:id:pigmonm:20191110133345j:plain:w360
池田宗弘《ドン・キホーテ・シリーズ(ロシナンテは転倒した)》(1989)。第13回現代日本彫刻展(宇部市常盤公園)・神戸須磨離宮公園賞。噴水広場の東に設置。


f:id:pigmonm:20191110133401j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110133416j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110133431j:plain:w360
土谷武《作品1970:将棋倒しの安定》(1970)。第2回現代彫刻展(須磨離宮公園)・神戸市公園協会賞。噴水広場の東に設置。


f:id:pigmonm:20191111143319j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191111143335j:plain:w360
《名誉市民 中井一夫先生百寿像》(1989.11設置)。制作は新谷英夫。中井一夫先生の百歳を祝う会による。

f:id:pigmonm:20191110133445j:plain:w240
和田岬灯台1884年(明治17)に建設(初代は木造で1872年建設)、1963年まで利用された。その後、須磨海岸に移設され、1998年には国登録有形文化財となった。


f:id:pigmonm:20191110133500j:plain:w240
時計塔


f:id:pigmonm:20191110133514j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110133533j:plain:w240
f:id:pigmonm:20191110133544j:plain:w360
山口牧生《落日のためのスケール》


f:id:pigmonm:20191110133558j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110133613j:plain:w360
柿﨑隆之《覇王》(1991)。神戸市動物愛護協会設立35周年「動物愛護の像」。須磨海浜水族園前に設置。



つづく
戻る
最初に戻る

庄山町→下中島公園 神戸・須磨(7)

次へ
戻る

  • 庄山町の藤原吉志子

f:id:pigmonm:20191110131628j:plain:w240
f:id:pigmonm:20191110131641j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110131655j:plain:w240
藤原吉志子《航海−バルセロナより501年目の反省と共に》(1995)。神戸市営庄山住宅前に設置。メモ:作品集掲載の写真はどうも庄山住宅前ではないみたいなのだが…


f:id:pigmonm:20191110131708j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110131725j:plain:w240
f:id:pigmonm:20191110131738j:plain:w360
天野裕夫《カルタゴ》(1997.3設置)。第8回神戸具象彫刻大賞展・準大賞、市民賞。神戸国際港都建設事業須磨地区(第2工区)復興土地区画整理事業完成記念(1970.4-1996.4)。平田南橋東交差点南側に設置。以前は前池町3丁目交差点北東(現イオン前)に設置されていたようだ(ダイエーからイオンに代わるときに移設されたか?)


f:id:pigmonm:20191110131754j:plain:w360
妙法寺川沿いをとぼとぼと歩いた。

f:id:pigmonm:20191110131811j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110131826j:plain:w240
f:id:pigmonm:20191110131840j:plain:w360
荻野弘一《思い出の一場面(電車ごっこ)》(1993)。第7回神戸具象彫刻大賞展・神戸市土地開発公社賞。


f:id:pigmonm:20191110131924j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110131939j:plain:w240
f:id:pigmonm:20191110131953j:plain:w360
新谷琇紀《EVA》(1973)


f:id:pigmonm:20191110131854j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110131911j:plain:w240
伊藤隆道《色と光》。これは須磨区民センターの駐車場内に設置。これまで観てきた伊藤隆道作品とはずいぶん違う印象。伊藤隆道は須磨離宮公園現代彫刻展の第1回から第5回まで出品。タイトル板には特に記載はなかったが、本作は第2回須磨離宮公園現代彫刻展(1970)で朝日新聞社賞を受賞した作品らしい(要チェック!)。




つづく
戻る
最初に戻る

JR神戸駅とハーバーランドの周辺 神戸・須磨(6)

次へ
戻る

f:id:pigmonm:20191110130559j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110130614j:plain:w240
神宮晋《海からの便り》(1975)。JR神戸駅西口に設置。


f:id:pigmonm:20191110130625j:plain:w360
ジョージ・シュガーマン《PORTALS I》。神戸クリスタルタワー前に設置。

f:id:pigmonm:20191110130638j:plain:w360
ジョージ・シュガーマン《PORTALS II》。神戸クリスタルタワー前に設置。


f:id:pigmonm:20191110131128j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110131145j:plain:w240
新谷琇紀《ARIANNA》。デュオこうべ浜の手・JR神戸駅西口入口の階段下。


f:id:pigmonm:20191110131159j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110131212j:plain:w240
新谷琇紀《BACCO》。デュオこうべ浜の手・JR神戸駅西口入口の階段下。

f:id:pigmonm:20191110130654j:plain:w240
f:id:pigmonm:20191110130708j:plain:w240
安藤泉《蒼天の塔》。第7回神戸具象彫刻大賞展(1993)。神戸情報文化ビル前に設置。


f:id:pigmonm:20191110130722j:plain:w240
《初心》(1991.3設置)。作者は不詳。財団法人日本宝くじ協会の寄贈。神戸市総合教育センター前に設置。


f:id:pigmonm:20191110130732j:plain:w240
f:id:pigmonm:20191110130745j:plain:w360
岡本銕二《雨あがり》。神戸市総合教育センター前に設置。


f:id:pigmonm:20191110130801j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110130815j:plain:w240
f:id:pigmonm:20191110130828j:plain:w360
植松奎二《凪のとき−赤いかたち/浮》(1990)。神戸はねっこ広場に設置。


f:id:pigmonm:20191110130843j:plain:w240
f:id:pigmonm:20191110130857j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110130912j:plain:w240
「八時間労働発祥之地」碑(1993.11設置)。制作は井上武吉。(社)兵庫労働基準連合会による。解説板によると、1919年(大正8)当時の川崎造船所・松方幸次郎社長がわが国で最初に8時間労働制を実施したことを記念して設置されたものだとか。神戸はねっこ広場に設置。


f:id:pigmonm:20191110130927j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110130943j:plain:w240
その近くにあった石組。作品っぽい。


f:id:pigmonm:20191110130958j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110131015j:plain:w240
旧新港第五突堤信号所。1921年(大正10)に新港第四突堤に建設され、1937(昭和12)に第五突堤に移設。1990年に役目を終えた。


f:id:pigmonm:20191110131030j:plain:w360
モザイクの観覧車


f:id:pigmonm:20191110131045j:plain:w240
田中薫《1.1.√2 シグナル》。umieサウスモールとノースモール間の通路に設置。


f:id:pigmonm:20191110131100j:plain:w240
f:id:pigmonm:20191110131114j:plain:w240
ジョージ・ローズ《Din Don》(1992.9設置、2017.7リストア)。umieサウスモールとノースモール間の通路に設置。


つづく
戻る
最初に戻る

みどりと彫刻のみち 神戸・須磨(5)

次へ
戻る

  • 大倉山公園・南側入口の田中毅 revisited  この間来たときの記事は、ここ

f:id:pigmonm:20191110115150j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110115205j:plain:w240
f:id:pigmonm:20191110115220j:plain:w360
田中毅《天空の門にて(詩人'91)》。神戸国際港都建設事業生田地区復興土地区画整理事業完成記念(1946.9-1990.9)。

  • みどりと彫刻のみち revisted 北から南の順に掲載。この間来たときの記事は、ここ。 

f:id:pigmonm:20191110115241j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110115259j:plain:w360
今井由緒子《波状面上HIP》(1975)。第6回現代日本彫刻展(宇部市)・神戸須磨離宮公園賞。現代日本彫刻展で、神戸須磨離宮公園賞を受賞した作品のほとんどは、神戸市内に設置されているようだ(賞の名前にあるように、中でも須磨離宮公園に設置されているものが多い)。ただし、第14回現代日本彫刻展で神戸須磨離宮公園賞を受賞した中岡慎太郎《Dreamer》(1991)は宇部市役所前にあるけど。


f:id:pigmonm:20191110115316j:plain:w240
f:id:pigmonm:20191110115331j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110115348j:plain:w240
廣嶋照道《少年の日》(1983)


f:id:pigmonm:20191110115402j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110115417j:plain:w240
f:id:pigmonm:20191110115433j:plain:w360
江口週《孤への回帰》(1968)


f:id:pigmonm:20191110115448j:plain:w240
f:id:pigmonm:20191110115502j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110115515j:plain:w240
新谷英子《追憶》(1978)


f:id:pigmonm:20191110115529j:plain:w240
f:id:pigmonm:20191110115546j:plain:w240
桜井祐一《若い女》(1973)


f:id:pigmonm:20191110115559j:plain:w240
f:id:pigmonm:20191110115614j:plain:w240
廣嶋照道《霧笛》(1981)。第1回神戸新進彫刻家の道大賞展・優秀賞。


f:id:pigmonm:20191110115628j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110115645j:plain:w240
菊川晋久《大地のうた》(1981)


f:id:pigmonm:20191110115658j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110115713j:plain:w240
松本雄治《天翔ける女神》(1981)。第1回神戸新進彫刻家の道大賞展・優秀賞。


f:id:pigmonm:20191110115728j:plain:w240
佐藤忠良《子供》(1975)。《二歳(大)》と同じ。


f:id:pigmonm:20191110115742j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110115757j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110115812j:plain:w360
廣嶋照道《あのね》(1991.10)。第6回神戸具象彫刻大賞展・神戸市民賞。


f:id:pigmonm:20191110115828j:plain:w240
f:id:pigmonm:20191110115843j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110115858j:plain:w240
小張隆男《古代の夢》(1989)。これは、みどりと彫刻のみちを外れて、神戸市水道局中部センター前に設置。今回、初めて掲載。


f:id:pigmonm:20191110115912j:plain:w360
壺井勘也《シーホース》(1985)。神戸具象彫刻大賞展'85・優秀賞。


f:id:pigmonm:20191110115926j:plain:w360
菊池一雄《飛天》(1982)


f:id:pigmonm:20191110115940j:plain:w240
笹戸千津子《若き立像'85》(1985)


f:id:pigmonm:20191110120050j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110120005j:plain:w240
市川明廣《森のシマウマ》(1987)

f:id:pigmonm:20191110120020j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110120035j:plain:w240
徳川光圀公》(1955.7.11完成)。原形制作:平櫛田中、鋳造:伊藤忠雄。



つづく
戻る
最初に戻る

神戸文化ホールと中央体育館 神戸・須磨(4)

次へ
戻る

f:id:pigmonm:20191110113218j:plain:w240
《文化の灯》。1993年4月1日、「アーバンリゾートフェア'93」のオープニングセレモニーで採火されたもので、神戸文化ホール開館20周年とフェア開催を記念して、灯し続けられることとなったとのこと。


f:id:pigmonm:20191110113231j:plain:w360
新谷秀夫《愛 ゆたかな心》(1974.5.12設置)。神戸市婦人団体協議会の寄贈。「秀夫」はタイトル板のママ。


f:id:pigmonm:20191110113246j:plain:w360
新谷秀雄《緑風》(1977/1979.3.18設置)。神戸ポートライオンズクラブがCN15周年を記念して寄贈。


f:id:pigmonm:20191110113301j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110113317j:plain:w240
圓鍔勝二《女神》(1956/1956.10.24設置)。株式会社大丸の寄贈。「勝二」は後に「勝三」と改名。cf.尾道の《渚の女神》


f:id:pigmonm:20191110113329j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110113343j:plain:w360
谷井信一《生命(イノチ)》(1973)


f:id:pigmonm:20191110113358j:plain:w240
f:id:pigmonm:20191110113411j:plain:w240
新谷琇紀《EVA E LA MELA》(1973)


f:id:pigmonm:20191110113427j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110211236j:plain:w240
噴水塔「水とたわむれる子供達」。イタリア・ローマのレパブリカ広場にあるエセドラ噴水を模して造ったものだとか。神戸市出身ローマ在住の個人の寄贈。


f:id:pigmonm:20191110113444j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110113458j:plain:w240
和田真澄《海風》(1973)


f:id:pigmonm:20191110113653j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110113711j:plain:w240
孫文先生之像》(1986.11設置)。制作者は不詳。

  • 兵庫県彫刻家連盟(所属作家)による彫刻 「環境美化と文化の推進は、郷土に住む我々の使命でもありまた夢でもあり、「郷土の美化」「近代の都市づくり」に些かなりとも協力できればと考えております。昭和49年10月4日 兵庫県彫刻家連盟」と書かれた説明板が設置されていたので、以下は連名所属の作家たちによる競作だろう。

f:id:pigmonm:20191111120900j:plain


f:id:pigmonm:20191110113513j:plain:w240
吉田英智作品


f:id:pigmonm:20191110113524j:plain:w360
廣嶋照道作品


f:id:pigmonm:20191110113539j:plain:w240
菊川晋久作品


f:id:pigmonm:20191110113554j:plain:w360
和田真澄作品


f:id:pigmonm:20191110113610j:plain:w240
新谷琇紀作品


f:id:pigmonm:20191110113627j:plain:w240
新谷英子作品


f:id:pigmonm:20191110113640j:plain:w240
和田正義作品

  • 以下は、翌日(11月9日)の朝、来た時に撮った分。

f:id:pigmonm:20191110114436j:plain:w240
f:id:pigmonm:20191110114450j:plain:w360
新谷英子《灯(ともしび)》(1976.1設置)。神戸市婦人団体協議会が「婦人神戸」300号を記念して寄贈。


f:id:pigmonm:20191110114409j:plain:w240
f:id:pigmonm:20191110114422j:plain:w360
神戸文化ホール壁面の陶板モザイク《あじさい》(1973)。高村智恵子の紙絵原画(1934)を田中岑の陶板監修により制作された。


f:id:pigmonm:20191110114352j:plain:w360
神戸文化ホール前のステンレス彫刻、松本薫《花かがみ》(1988)

>参考:神戸市(公式)彫刻の街こうべ みどりと彫刻のみち 
f:id:pigmonm:20191110114125j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110114142j:plain:w240
f:id:pigmonm:20191110114156j:plain:w360
澄川喜一《そりとそぎのあるかたち》(1980/1981設置)。第7回神戸須磨離宮公園現代彫刻展・神戸須磨離宮公園賞。


f:id:pigmonm:20191110114305j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110114321j:plain:w360
河口龍夫《石とパイプ》(1971設置)


f:id:pigmonm:20191110114211j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110114223j:plain:w240
新谷琇紀《RAGAZZO》(2000)。モニュメントとしてのタイトルは「希望・夢」。神戸市婦人団体協議会が創立50周年を記念して、2000年6月に寄贈(次の《RAGGAZZA》とともにか?)。


f:id:pigmonm:20191110114237j:plain:w360
f:id:pigmonm:20191110114252j:plain:w240
新谷琇紀《RAGAZZA》(2000)


f:id:pigmonm:20191110114335j:plain:w360
山口牧生《リンゴのハート》(1974)※





つづく
戻る
最初に戻る