かけらを集める(仮)。

日記/旅行記+メモ帳+備忘録、みたいなものです。

彫刻放浪:熊本市(6)

戻る

  • 県美の野外彫刻を観覧後、北側へ抜け、熊本市立熊本博物館前を通り、砂薬子坂を下り、城域の外に出る。本妙寺までふらふら歩く。先を急いでしまったが、後で時間があまったこともあり、今まで見学したことのない熊本博物館は立ち寄るべきだったなと。

f:id:pigmonm:20200227104215j:plain:w360

f:id:pigmonm:20200227104254j:plain:w360

f:id:pigmonm:20200227104303j:plain:w360

f:id:pigmonm:20200227104432j:plain:w360
本妙寺・胸突雁木。前回、2016年12月に来た時は、まだ地震の直後のため、石灯籠は倒壊したままだったが(→ここ)、今回来てみたら、ちゃんと立て直されていた。

f:id:pigmonm:20200227104646j:plain:w360
f:id:pigmonm:20200227111906j:plain:w360
浄池廟。写真上が中門、下が浄池廟拝殿(手前)と浄池廟本殿(奥)。


f:id:pigmonm:20200227105254j:plain:w360
お目当ての加藤清正銅像までは、浄池廟の裏手の急な石段を上がらなくてはならない(自動車道もあるけどね…)。300段あるそうだ。前回来た時は力尽きて浄池廟までで引き返したが、今回はこれからが本番。


f:id:pigmonm:20200227105837j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200227110318j:plain:w240f:id:pigmonm:20200227105909j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200227105817j:plain:w360
《清正公大尊儀》[加藤清正銅像]。制作は北村西望。現在の像は2代目。初代は、1935年(昭和10)、清正の没後325年忌にあたり制作・設置。第2次世界大戦中の1944年4月、例によって供出。現在の2代目像は、1960年、清正350年忌記念事業として、西望作の初代像と同じ原型により再建された。2016年の熊本地震に際して、槍の上方が破損したが、それも修復された模様。


f:id:pigmonm:20200227110706j:plain
銅像のあるところの展望所から、熊本城の方を望む。

f:id:pigmonm:20200227115009j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200227115101j:plain:w360
《若き日の漱石》(1996.11.9設置)。制作は雨宮透。漱石来熊100年記念。「'96くまもと漱石博」推進百人委員会による。1896年4月13日、旧制第五高等学校の英語教師として赴任した夏目金之助が下り立ったのは、この上熊本駅だったそうだ。今回は行けなかったが、熊本大学黒髪キャンパスにも漱石像があるとのこと。


f:id:pigmonm:20200227114811j:plain:w240
市電上熊本駅前電停近くの、「わが輩通り」名標。

f:id:pigmonm:20200227122150j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200227122214j:plain:w360
JR熊本駅西口の、《おてもやん》(1985.3設置)。制作は石原昌一。熊本民謡会が創立25周年を記念して熊本市に寄贈。当初は、桜町の熊本交通センター/県民百貨店前に設置されたが、交通センター再整備にともない、近時、熊本駅西口に移設された。


f:id:pigmonm:20200227124225j:plain:w240
春日三丁目おてもやん公園の、簪の形をした時計塔。


f:id:pigmonm:20200227125304j:plain:w360
f:id:pigmonm:20200227125242j:plain:w240
日本郵政スタッフ熊本駅前センターの、流政之《MUSHAN YOKA》(1992)。元・代ゼミのあったところらしい。代ゼミ前にはけっこう流政之作品があるような気がする。

  • さて、少し早いが、今回の旅行はここまでとし、JR熊本駅前からリムジンバスで阿蘇くまもと空港に向かう。1時間ほどで到着。800円SUICA。今回は現金はほとんど使わなかったな。帰りの飛行機は、Jetstar GK614便、熊本17:45→19:25成田の予定。だいたい予定どおりのフライトで、特に難もなかった。

f:id:pigmonm:20200227145256j:plain:w360
阿蘇くまもと空港・国内線ターミナル1Fの、陶板レリーフ《雲上の岳神》(2012)。原画・監修:高津明美、制作:クレアーレ工房。宝くじの社会貢献広報事業として設置。

  • 成田空港T3の到着ロビーには19:30頃、出ことができた。最寄り行きのバスまで30分以上ある。夕食がまだだったので、T3のフードコートで適当なものを適当に食らう。と、ジェットスターの高松行きが機材の整備のためとかで、急遽欠航云々とのアナウンスが聞こえてくる。くわばらくわばら。
  • 今回の熊本編では回り切れなかったが、この他にも、野外彫刻の類がいくつもあるようだ。例えば、熊本県立劇場熊本大学黒髪キャンパス、熊本県立大学といったところ。熊本県立美術館・本館は、今回は工事中で中を見ることはできなかったが、ロビーなどに舟越保武作品などが設置されている。これらはまた次の機会ということにしたい。


戻る
おわり/最初に戻る

彫刻放浪:熊本市(5)

次へ
戻る

  • 熊本城 その後、城彩苑を抜け、二の丸広場を経て、修復中の熊本城を観覧。加藤神社を参拝して、県美に向かう。週末には熊本城の修復も含めた見学できるようだ。

f:id:pigmonm:20200227092131j:plain:w360
f:id:pigmonm:20200227092229j:plain:w360
熊本城・未申櫓 西出丸の南西角にある3階櫓。明治期に解体されたが、2003年に木造で復元された。熊本地震(2016)では、石垣や塀がいたるところで崩れた。(現地の解説板による。以下、同)


f:id:pigmonm:20200227093237j:plain:w360
加藤神社


f:id:pigmonm:20200227093318j:plain:w360
宇土櫓。国指定重要文化財。江戸時代から残る唯一の五階櫓で、大きさは、地上5階・地下1階、建物の高さ約15m、土台石垣の高さ21m以上と、大天守に次ぐもの。熊本地震では、南側の続櫓が倒壊し、五階櫓の壁漆喰・床などが破損。土台石垣もダメージを受けた箇所があった。


f:id:pigmonm:20200227093723j:plain:w240
天守閣。大天守内部は地上6階地下1階、小天主内部は地上4階地下1階。1877年(明治10)、西南戦争直前に焼失。現在の天守は1960年に、古写真などをもとに再建されたもの。


f:id:pigmonm:20200227100251j:plain:w360
石垣の石置き場。

  • 熊本県立美術館の野外彫刻 本館は修復工事をしていて中には入れなかった。ロビーなどにも彫刻が展示されているが、今回観覧がかなわなかった。県美は何度か来て、野外彫刻もだいたい観ていると思っていたのだが、木内克と海老原喜之助の美術館壁面に設置されているレリーフは今回初めて観た。すっかり見逃していたな。ダメだ。

f:id:pigmonm:20200227094754j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200227094813j:plain:w360
f:id:pigmonm:20200227094804j:plain:w360
f:id:pigmonm:20200227094828j:plain:w360
ジャン/ハンス・アルプ《女神のための貝》(1958)


f:id:pigmonm:20200227094907j:plain:w240f:id:pigmonm:20200227095212j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200227094920j:plain:w360
f:id:pigmonm:20200227094851j:plain:w240
流政之《KOKEKE MUSHA》(2008)


f:id:pigmonm:20200227095018j:plain:w240f:id:pigmonm:20200227095039j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200227095103j:plain:w360
f:id:pigmonm:20200227094954j:plain:w240
オシップ・ザッキン《ロトファージュ》(1961-62)


f:id:pigmonm:20200227095256j:plain:w360
f:id:pigmonm:20200227095405j:plain:w360
木内克《コロナ》(1965)


f:id:pigmonm:20200227100001j:plain:w240
海老原喜之助《殉教者(サン・セバスチャン)》(1955)




つづく
戻る
最初に戻る

彫刻放浪:熊本市(4)

次へ
戻る

  • 7:00過ぎに起き出す。身仕度をして、1Fで朝食。まあまあ。8:00頃、チェックアウト。水前寺成趣園に立ち寄ろうかと思ったのだが、2月は8:30からの開園なので(3月から10月は7:30開園)、まだ開いていない。一度訪ねたこともあり、今回は見送ることにした。
  • 市電で、市立体育館前電停から水道町電停まで移動。ラッシュアワーで車内が混んでいた。水道町で下車し、蓮政寺公園の傍らの小泉八雲旧居を訪ねる。ここもまだオープン前なので、外観をざっと一回り。続いて、市役所方面に向かう。

f:id:pigmonm:20200227083308j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200227083130j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200227083212j:plain:w240

f:id:pigmonm:20200227082948j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200227083002j:plain:w240

f:id:pigmonm:20200227083022j:plain:w360
市役所周辺の彫刻やストーンファニチャー類は関根伸夫の作品のようだ。1980〜81年にかけての制作。タイトルは、おそらく、最初のものが(写真上3枚)が《空相-くまもと》、次が(中2枚)が《空相-森》と思われる(要確認)。

f:id:pigmonm:20200227083655j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200227083755j:plain:w240
菊竹清訓《Communication》(1991)。電車通り側に設置。

  • 高橋公園

f:id:pigmonm:20200227084420j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200227084400j:plain:w360
《第七代熊本市長 高橋守雄先生像》(1973.5設置)。作者は不詳。熊本信用金庫が創立50周年を記念して設置(熊本信用金庫は高橋守雄が1923年(大正12)に熊本市信用金庫として設立したのがはじまり)。高橋公園は高橋守雄の功績を称えて、1972年3月に建設された。


f:id:pigmonm:20200227084229j:plain:w360
f:id:pigmonm:20200227084657j:plain:w360
横井小楠をめぐる維新群像》(2000.3建立)。制作は石原昌一。1999年が横井小楠生誕190年・没後130年に当たることから、これを記念して設置。左から、坂本龍馬勝海舟横井小楠松平春嶽細川護久レリーフは小楠の弟子たちで、左から竹崎律次郎、内藤泰吉、嘉悦氏房、徳富一敬、長野濬平、山田武甫。なお、市街から少し離れているが、小楠公園熊本市東区沼山津4-11)にも横井小楠像があるようだ。


f:id:pigmonm:20200227084155j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200227084017j:plain:w360
谷干城像。制作は朝倉文夫。この像は2代目。初代像は、1937年に西南戦争60年を記念して建立されたが、第二次大戦末期に例によって供出・融解。2代目像は、1969年に明治100年を記念して再建された。なお、初代・2代とも同じ原型からの鋳造。もともとは熊本城内の天守閣南側にあったが、熊本城本丸御殿の復元に伴い、現在地に移設された。

f:id:pigmonm:20200227090325j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200227090510j:plain:w360
f:id:pigmonm:20200227090305j:plain:w240
《清正公》[加藤清正銅像](1979.5建立)。制作チームは、制作:髙藤鎮夫、協力者:浅井五郎、永井浩、林幹雄、斎藤勝弘、髙藤有示、鋳造:川副鋳造所、題字:斎藤鶴跡、施行:橋口石材店。加藤清正銅像建設期成会による。検索:高藤鎮夫


f:id:pigmonm:20200227090009j:plain:w360
f:id:pigmonm:20200227090040j:plain:w360
《民生委員の父 林市蔵翁》(1957.9建立)。作者は不詳。周囲には関連の碑が立てられている。《清正公》像の近くに設置されている。なお、以前観た大阪市の林市蔵像はここに掲載。


f:id:pigmonm:20200227090929j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200227090804j:plain:w360
f:id:pigmonm:20200227090950j:plain:w240
NTT西日本桜町ビル前の、松尾光伸作品。タイトル板、見当たらず。


f:id:pigmonm:20200227091040j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200227091050j:plain:w240
市民会館シアーズホーム夢ホール前(熊本市民会館)の、ステンレスの野外彫刻。今ひとつぱっとした感じではないが(失礼!)、台座もあるし、作品なのかな? タイトル板、見当たらず。


f:id:pigmonm:20200227091133j:plain:w240
市民会館シアーズホーム夢ホール前(熊本市民会館)の、石坂繁先生顕彰碑(1992.4設置)。熊本市の12、19、20代市長を務めた石坂繁の顕彰碑。






つづく
戻る
最初に戻る

彫刻放浪:熊本市(3)

次へ
戻る

  • 長六橋の4美人 時間に余裕があるので、明日行く予定の長六橋に行くことにした。市電Aラインで河原町電停まで移動。ここから歩いてすぐのところに長六橋がある。長六橋は白川にかかる橋で、初代の橋が加藤清正により1601年(慶長6)に架けられたことからこの名称がある。現在の橋は1990年10月に竣工し、翌1991年4月に開通した(wikipediaを参照)。この橋の川上側に2体、川下側に2体の合計4体の女性像が設置されている(釧路市の幣舞橋の影響かな?)。なお、像のタイトル板には年記がなかったが、橋の竣工時、1990年頃の制作と思われる。

f:id:pigmonm:20200226162221j:plain:w240
長六橋の親柱の一つ。


f:id:pigmonm:20200226163130j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200226163155j:plain:w360
f:id:pigmonm:20200226163146j:plain:w240
本山十三《香魂》。川上側に設置。


f:id:pigmonm:20200226163327j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200226163348j:plain:w360
f:id:pigmonm:20200226163311j:plain:w240
石原昌一《芽生え》。川上側に設置。


f:id:pigmonm:20200226162340j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200226162313j:plain:w240
古賀勝《遙》。川下側に設置。


f:id:pigmonm:20200226162535j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200226162456j:plain:w240
川上順一《みなも》。川下側に設置。

  • 長六橋から大甲橋まで川沿いを歩く。思ったよりも距離があった。だいたい1.5kmぐらいか。

f:id:pigmonm:20200226164051j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200226164121j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200226164037j:plain:w240
途中に、セメントの女性像があった。タイトル板の類もなく、詳細は不明。なお、近くに、太洋火災殉難の碑があった(1973年11月の太洋デパート火災の慰霊碑。もとはデパート付近にあったものが、デパートがなくなり、ここに移設されたものか?)。


f:id:pigmonm:20200226165932j:plain:w360
f:id:pigmonm:20200226165925j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200226165525j:plain:w360
大甲橋の親柱。

  • イオン熊本中央店前の《絹の精》 

f:id:pigmonm:20200226170421j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200226170659j:plain:w360
f:id:pigmonm:20200226170439j:plain:w240
石原昌一《絹の精》(1993秋建立)。東亜シルク株式会社、熊本製糸株式会社による。

  • ついでにイオンで飲み物などを買いだし、市電で交通局電停から、今日泊まるホテルのある水前寺公園前電停まで移動。今日泊まったのは、エクストールイン熊本水前寺というビジネスホテル。価格的には設備などに難はなかったが、電車通りに面した部屋だったこともあり、遅くまで市電の走る音(というか、震動)がしていた。歩きすぎて、いささか足が痛む。風呂に浸かり、早々に寝入る。

つづく
戻る
最初に戻る

彫刻放浪:熊本市(2)

次へ
戻る

  • 次は江津湖の方に向かう。まずは、図書館へ。
  • 熊本県立図書館/くまもと歴史・文学館

f:id:pigmonm:20200226132353j:plain:w240
くまもと歴史・文学館で開催中の「山崎文庫展」と常設展示をざっと観覧した。


f:id:pigmonm:20200226134943j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200226135119j:plain:w360
f:id:pigmonm:20200226134930j:plain:w240
本田貴侶《花咲く乙女に》(1973/1985.11)。熊本県立図書館新館落成記念。


f:id:pigmonm:20200226135238j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200226135221j:plain:w240
古賀勝《陽 II》。図書館のエントランスロビーに設置の木彫。


f:id:pigmonm:20200226140108j:plain:w360
f:id:pigmonm:20200226140123j:plain:w240
星の王子さま 内藤濯文学碑」(2005.11.27除幕)。熊本日仏協会が、内藤濯生誕120年とサン・テクジュペリ没後60年を記念して建立。作者は不詳。

f:id:pigmonm:20200226135540j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200226135604j:plain:w360
f:id:pigmonm:20200226135527j:plain:w240
石原昌一《湖風》

f:id:pigmonm:20200226140440j:plain:w360
芭蕉

f:id:pigmonm:20200226140602j:plain:w360
加勢川沿いの遊歩道にて


f:id:pigmonm:20200226140950j:plain:w360
猫が昼寝していた。


f:id:pigmonm:20200226143602j:plain:w360
上江津湖


f:id:pigmonm:20200226144123j:plain:w360
f:id:pigmonm:20200226144142j:plain:w240
《my sky hole KAMIEZUKO》なんちゃって…笑 もちろん《my sky hole》ではなく、

f:id:pigmonm:20200226143958j:plain:w360
上江津湖畔にあった時計塔でした。


f:id:pigmonm:20200226151044j:plain:w360
そして、江津湖へ。

  • 庄口公園 熊本市動植物園の北側の遊歩道を歩き、庄口公園を抜け、市電の動植物園入口電停まで歩く。ここから市電Aラインで、河原町電停まで移動。170円SUICA。さすがに歩き疲れた。

f:id:pigmonm:20200226153919j:plain:w240
庄口公園にあった鳥の像。詳細は不明


f:id:pigmonm:20200226153937j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200226154001j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200226154025j:plain:w240
庄口公園にあった動物たちのレリーフのある石柱。作者などは不明。


f:id:pigmonm:20200226154316j:plain:w360



つづく
戻る
最初に戻る

彫刻放浪:熊本市(1)

次へ

  • 久しぶりに熊本へ行ってきた。そういえば熊本で、野外彫刻の類は見て回ったことがなかったな。ということで、お目当ては市内に散在する野外彫刻である。
  • 少し早いが、最寄り始発バスで成田空港に向かう。6:10頃にT3に到着。今日の飛行機は、Jetstar GK619便、成田8:25→10:30熊本の予定。保安検査場を早々に通過し、出発ロビーに移動し(今日は163)、空いているところを見つけて一寝入り。それにしても、T3の保安検査は、いつ来ても微妙にがさつだ。まあ、どうでもいいんだけど。
  • 8:00頃、搭乗が始まり、まあまあ順調なフライトで熊本空港に着陸、10:25頃、到着ロビーに出られた。熊本市内行きの10:40発のバスに乗車。満員だった。20分強の乗車で、自衛隊前バス停で下車。520円SUICA。先週の鹿児島がSUICAほぼ全滅だったのに比べ、熊本はほぼ全てでSUICA可だった。
  • 錦ヶ丘公園 バス停から歩いて、錦ヶ丘公園に向かう。10分ほど。ここにある裸婦像が今回最初の野外彫刻。これはgmでの机上散策で見つけた。公園内でわりと大規模に工事をしていて、どきっとしたが、彫刻は無事に観覧できた。

f:id:pigmonm:20200226112934j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200226112951j:plain:w240f:id:pigmonm:20200226113142j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200226113252j:plain:w360
石原昌一《想》(1982.10.2建立)。熊本市が1960年4月に開始した熊本都市計画東部第一土地区画整理事業の完工記念のモニュメント。石原昌一は埼玉県出身の彫刻家、大学教員(熊本大学名誉教授)。主に日展、白日会で活動。制作した多くの野外彫刻/碑が、熊本県内、熊本市内に設置されている。現在アトリエは阿蘇市にある。1972年に熊本大学教育学部に着任、以来、長く同大学の教員を務めた。ということで、今回の熊本市訪問で、いちばん多く観たのは石原昌一による野外彫刻だった。

  • 健軍交差点の加藤清正像 公園の近くを流れる健軍川沿いを健軍交差点まで歩く。15分ほどか。

f:id:pigmonm:20200226114849j:plain:w360
f:id:pigmonm:20200226114929j:plain:w360
f:id:pigmonm:20200226115115j:plain:w360
f:id:pigmonm:20200226114914j:plain:w360
健軍交差点北西側(健軍神社参道)の、《加藤清正公》(2011.7建立)。制作チームは、製作:聖有佛像實行有限公司、施行:黄檗建設株式会社。生誕450年を記念して建立(正確には生誕450年は2010年)。

  • 熊本銀行本店前の女性像 健軍交差点から国道57号線をちょっと北上し、県庁通りを左折。熊本銀行本店前の女性像を訪ねる。本店ロビーにも、彫刻があるようだったが、中は遠慮した。

f:id:pigmonm:20200226120041j:plain:w360
f:id:pigmonm:20200226115949j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200226115929j:plain:w360
本田貴侶《春の近きに住むもの(愛の泉)》(1984.5)。作者の本田貴侶は、熊本県出身ということもあり、今回の旅行で、その作品をいくつか観たのであった。

f:id:pigmonm:20200226120614j:plain:w360
熊本県庁の名標。名標の上に熊本城(制作は太田正弘)が立っている。


f:id:pigmonm:20200226121159j:plain:w360
f:id:pigmonm:20200226121208j:plain:w240f:id:pigmonm:20200226121331j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200226121120j:plain:w240
《MONKEY・D・LUFFY》(2018)。ルフィーは、熊本県内に建立された(される)麦わらの一味の最初の像。麦わらの一味の像は、熊本県内各地に全部で9体設置される。ぜひコンプリートを目指したい笑


f:id:pigmonm:20200226121458j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200226121632j:plain:w240
流政之作品らしい。


f:id:pigmonm:20200226122221j:plain:w360
f:id:pigmonm:20200226122306j:plain:w360
f:id:pigmonm:20200226122158j:plain:w360
多田美波《融 HARMONY》(1997)


f:id:pigmonm:20200226123403j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200226123640j:plain:w240
末田龍介《天の稜線》(1997)

  • 水前寺運動公園 県庁の裏手にある熊本テルサ前に、松尾光伸作品の跡(破損のために下方部分を除き、撤去された模様)を眺め、そのまま水前寺運動公園へ。ここの彫刻もgmによる机上散策で見かけたもの。

f:id:pigmonm:20200226125126j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200226125152j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200226125243j:plain:w360
《躍動》(1992.3設置)。作者などは不詳。


f:id:pigmonm:20200226125441j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200226125511j:plain:w360
f:id:pigmonm:20200226125529j:plain:w360
「天授勤王戦跡」碑(1933.10.29設置)。1378年9月29に行われた菊池武朝南朝方)と九州探題今川了俊北朝方)の大軍との間で行われた託麻原の合戦の記念碑。ちなみに南朝方が勝利した。下は戦いの様子を描いたレリーフ(「祥雲作」のサイン)。

  • 旧ジェーンズ邸跡地と夏目漱石・熊本第3旧居(大江旧居) 

f:id:pigmonm:20200226130826j:plain:w360
f:id:pigmonm:20200226130815j:plain:w360
旧ジェーンズ邸跡地。跡地内は柵で囲われ、立入禁止になっていたので、お目当ての日本赤十字社創立100周年記念の碑は柵外から遠目で見たのみ(写真下)。2016年の熊本地震で崩壊したジェーンズ邸は場所を変えて(水前寺江津湖公園(水前寺地区)の旧熊本市立体育館跡地広場の一部)、再建されるようだ。移設地でも基礎工事を行っていた。再訪。


f:id:pigmonm:20200226130929j:plain:w360
夏目漱石が、第五高等学校教授時代に3番目に住んだ家で、1897年(明治30)9月から翌年の3月までの7ヶ月を過ごした。もともとは現・新屋敷1丁目にあったが、1973年に現在地に移された。熊本時代の漱石旧居は、この他に第5旧居の内坪井の家が残されている。再訪。


つづく

鹿児島市(6)甲突川  彫刻放浪:鹿児島(8)

戻る

  • 甲突川 revisited 今回の旅程の最後に、甲突川沿いに設置されている彫刻を再訪。下流から上流に向かって歩く。

f:id:pigmonm:20200221113955j:plain:w360
f:id:pigmonm:20200221114008j:plain:w360
f:id:pigmonm:20200221114023j:plain:w360
桑原巨守《春のよろこび》(1993設置)。左岸設置。鹿児島市による(彫刻のあるまちづくり事業)。


f:id:pigmonm:20200221114041j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200221114050j:plain:w360
f:id:pigmonm:20200221114103j:plain:w240
舟越保武《渚》(1991設置)。左岸設置。鹿児島市による(彫刻のあるまちづくり事業)。


f:id:pigmonm:20200221114118j:plain:w360
《乃木静子》(2016.11.27建立)。左岸設置。本像は2代目。乃木静子は乃木希典の夫人で、その生涯に感銘を受けた村野山人が、大正8年(1919)、甲突川畔の「静子生誕の地」に初代銅像を建立したが、第2次世界大戦末期に例によって供出・溶解。その後、2012年9月に夫人没後百年顕彰祭の開催を機に、銅像復元の声が高まり、2014年乃木静子夫人奉賛会が発足し、同会によって銅像が再建された。

f:id:pigmonm:20200221114132j:plain:w240
で、こちらが残されていた初代像の台座。


f:id:pigmonm:20200221114145j:plain:w360
f:id:pigmonm:20200221114159j:plain:w360
関谷光生《QUARTET》(1991.3設置)。右岸設置。鹿児島市による(彫刻のあるまちづくり事業)。


f:id:pigmonm:20200221114214j:plain:w240
大勲位 松方正義之像》(2008.6.1建立)。右岸設置。財団法人米盛誠心育成会による。


f:id:pigmonm:20200221114242j:plain:w360
f:id:pigmonm:20200221114229j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200221114258j:plain:w360
増山俊春《はばたき》(1989.11設置)。右岸設置。鹿児島市による(彫刻のあるまちづくり事業)。


f:id:pigmonm:20200221114312j:plain:w360
f:id:pigmonm:20200221114326j:plain:w360
板橋一歩《陽光を浴びて》(1987.3設置)。左岸設置。鹿児島市による(彫刻のある街づくり事業)。


f:id:pigmonm:20200221114340j:plain:w360
f:id:pigmonm:20200221114355j:plain:w360
f:id:pigmonm:20200221114424j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200221114409j:plain:w360
楠元香代子《四季の詩》(1986.3設置)。左岸設置。鹿児島市による(彫刻のある街づくり事業)。


f:id:pigmonm:20200221114440j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200221114454j:plain:w360
f:id:pigmonm:20200221114525j:plain:w240
f:id:pigmonm:20200221114510j:plain:w360
佐藤忠良《帽子の像》(1986/1988設置)。左岸設置。鹿児島市による(彫刻のある街づくり事業)。(一番下の写真のみ、前日の19日に撮影。)


  • 《帽子の像》を観て、今回の予定は終了。ちょっと歩き疲れた。天文館まで歩き、17:30発の鹿児島空港行き直行バスに乗車。1時間ほどで、無事に鹿児島空港に到着。保安検査場を通過して、出発ロビーで、本など読んで、飛行機の出発を待つ。帰りの飛行機は、Jetstar GK628便、鹿児島20:30→22:10成田の予定。成田到着が遅れると、22:25発の終バス(正規料金で乗れるバスの最終便)に乗れないかも、今日は電車かな、とも思っていたのだが、出発も遅れず、フライトも順調で、22:00前に成田に着陸した。後方席でバスは3台目だったが、22:10過ぎには到着ロビーにたどり着き、無事に終バスに乗ることができた。23:30過ぎには帰宅できた。

戻る
おわり/最初に戻る