かけらを集める(仮)。

日記/旅行記+メモ帳+備忘録、みたいなものです。

彫刻放浪:葛飾区編・亀有→青戸

  • 亀有さくら通り ここから葛飾区。途中、亀有駅周辺を通る。もちろん、ここらは両さんのなわばりで、両さんのご一統の像が多く立っているが、今回は省略する。また、亀有さくら通りには、下記に掲載したものの他、既製品彫刻!?の幼児像がいくつも設置されていたが、今回は載せない。

>参考:葛飾美術品紹介~区施設をまるごと美術館に~
f:id:pigmonm:20190913191214j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190913191233j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190913191256j:plain:w240
花田一男《親子》(1987.3設置)。東京亀有ライオンズクラブの寄贈。亀有さくら通り(亀有2−15あたり)に設置。


f:id:pigmonm:20190913191317j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190913191814j:plain:w240
孔雀像? 作者などは不詳。亀有さくら通り(すまいる亀有4号棟横)の小公園に設置されていた。


f:id:pigmonm:20190913191837j:plain:w240
堀豊之《数美姫》(1986.1.16設置)。亀有さくら通り(すまいる亀有6号棟横)の小緑地に設置されていた。

f:id:pigmonm:20190913191857j:plain:w360
噴水塔。作者などは不詳。かっこいい。水が出ているときに再訪したい。白鳥3−31あたり。


f:id:pigmonm:20190913200353j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190913200729j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190913200332j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190913200421j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190913200445j:plain:w360
鷹狩りの像。作者などは不詳。このあたりに「鷹狩りと葛西」解説板あり。葛飾区郷土と天文の博物館前。


f:id:pigmonm:20190913200505j:plain:w360
葛飾区郷土と天文の博物館前の、井上武吉っぽいオブジェ。

f:id:pigmonm:20190913200538j:plain:w360
時計塔のレリーフ。作者などは不詳。


f:id:pigmonm:20190913192004j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190913191923j:plain:w240f:id:pigmonm:20190913191942j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190913192027j:plain:w360
「非核平和祈念塔」。搭上の女性像(「非核平和祈念像」)の制作は堀豊之。

  • この後、青砥駅まで歩いて、帰りは京成電車で最寄り京成駅まで戻って、帰宅した。

彫刻放浪:足立区編・綾瀬周辺

  • 綾瀬駅西口(北側) 最寄りから最安値ルートで綾瀬駅まで移動。ということで、今日のスタートは綾瀬駅から。何回目かの足立区編だが、いつものように〈足立区・「彫刻のあるまち足立」の野外彫刻を紹介します〉サイトに掲載されている「あだち野外彫刻たんけんマップ」(内容は2016年4月現在。以下、このエントリーではマップと略す)を参照して、観覧ルートを決めている。最初の目的地は足立区勤労福祉会館だが、早速マップに載っていない像が駅前にあった。

f:id:pigmonm:20190913190409j:plain:w240
《仲よしの像》(1982.3設置)。作者などは不詳。コミュニティ道路完成記念に足立区が設置。

  • 足立区勤労福祉会館(プルミエ綾瀬)

f:id:pigmonm:20190913190621j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190913190642j:plain:w360
平山隆也《「家族」門出の門》(1992)。第3回足立区野外彫刻コンクール・入賞作品。(財)足立区まちづくり公社による。

  • 柏芳ビル弐号館

f:id:pigmonm:20190913190705j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190913190734j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190913190827j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190913190804j:plain:w240
牛尾啓三《空間のメヴィウス》(1990年度設置)。第2回足立区野外彫刻コンクール・入賞作品。(財)足立区まちづくり公社による。

  • 綾瀬駅東口前/都立東綾瀬公園入口付近

f:id:pigmonm:20190913190855j:plain:w240
現代壁画研究所《調和》(1990.2設置)。「足立区民憲章」(1982.10.1制定)碑。

  • 都立東綾瀬公園・ハト公園

f:id:pigmonm:20190913190914j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190913190943j:plain:w240
佐藤栄《綾和之碑》(1968.4.24設置)。綾瀬土地区画整理事業の完成記念碑。綾瀬土地区画整理組合による。

  • リブル綾瀬・裏手

f:id:pigmonm:20190913191004j:plain:w360
真海朗《明日に向かって》(1993.5設置)。公益信託あだちまちづくりトラストの援助の基に綾瀬三丁目地区共同ビル建設協議会が設置。これ観て写真撮っていたら、職質を受けた笑 そんなに怪しいか? やれやれだよ。これから1年間、あれが終わるまで、東京はますますうろうろしづらくなるんだろうな。

  • 足立区東綾瀬住区センター・横(八か村落し親水緑道沿い)。

f:id:pigmonm:20190913191032j:plain:w240
渡邊敏泰《せせらぎの少女》(1993)


f:id:pigmonm:20190913191055j:plain:w240
渡邊敏泰《青春の譜》(2004)。古性直 元・足立区長の顕彰碑。こういっちゃなんだが、胸像とか、肖像彫刻よりはこういうやつのほうがいいかな。マップによると、以前は東綾瀬1丁目バス停付近に設置されていたようだ。現在は、《せせらぎの少女》の近くに設置されている。

f:id:pigmonm:20190913191113j:plain:w360
川添展洋《Water Power》(1992)。第3回足立区野外彫刻コンクール・入賞作品。(財)足立区まちづくり公社による。

  • 足立区立東和センター・前 ここで、とりあえず足立区編は終わり。なお、マップには、綾瀬周辺設置作品として、26北田吉正《花園の天女》が東和二丁目プチテラスに設置と掲載されているが、どうもこのプチテラス自体が廃されたようで、現在は該当地にはなかった(まあ、svで事前にわかっていたんだけどね)。備忘のためにメモしておく。

f:id:pigmonm:20190913191135j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190913191153j:plain:w360
田中毅亀蔵》(2000)。第11回足立区野外彫刻コンクール・入賞作品。(財)足立区まちづくり公社による。

大分(7)大分市美術館、他 彫刻放浪:別府・大分(8)

戻る

  • JR大分駅上野の森口(南口)周辺 下記の2像以外に、大分いこいの道の南側の区画にも、朝倉文夫の女性像《あこがれ》が設置されているが、ラクビーワールドカップ関連で立入ができず、再訪できなかった(柵の外から後ろ姿ちらり)。ちなみに、《あこがれ》は、すぐ後に行く大分市美術館のロビーに展示されていた(さらに言えば、台東区の山谷堀公園にもひっそりと立っている)。

f:id:pigmonm:20190908115649j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190908115714j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190908115734j:plain:w240
大分駅南口の、朝倉文夫《青年像》(1956/1958.3設置)。当初は大分駅北側の広場に設置されていたが、大分駅周辺総合整備事業のため、2015年3月、現在地に移設。再訪。


f:id:pigmonm:20190908115802j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190908115824j:plain:w360
大分いこいの道(北側)の、北村西望《健康美》(1930/1969.19.31設置)。当初は大分駅北側の広場に設置されていたが、大分駅周辺総合整備事業のため、2015年3月、現在地に移設。再訪。

f:id:pigmonm:20190908131015j:plain:w360
青木野枝《荒玉》。市美に向かう散策路に設置。


f:id:pigmonm:20190908131036j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190908131056j:plain:w360
佐脇健一《BOLT DOG》(2000)。チャイルドハウス前の芝地に設置。全部で33体ある。


f:id:pigmonm:20190908131115j:plain:w360
チャイルドハウス上の展望台。

f:id:pigmonm:20190908131136j:plain:w360
その展望台から大分市街を望む。


f:id:pigmonm:20190908131156j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190908131224j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190908131245j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190908131303j:plain:w360
安藤泉《遊星散歩》(1999)


f:id:pigmonm:20190908131323j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190908131347j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190908131412j:plain:w360
原口典之《重力》(2003)


f:id:pigmonm:20190908131438j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190908131459j:plain:w360
森貴也《境界》(2013)


f:id:pigmonm:20190908131525j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190908131549j:plain:w360
風倉匠《陰陽学》(1970/2000再制作)


f:id:pigmonm:20190908131615j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190908131644j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190908131706j:plain:w360
井上一朗《L-Motion》(2000)


f:id:pigmonm:20190908131747j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190908131811j:plain:w360
村井進吾《FORM-IV》(1992)


f:id:pigmonm:20190908131830j:plain:w240
剣持和夫《宇奈月》(1993)

  • 大分市美術館からは大分きゃんバス(中心市街地循環バス)に乗車。16:09発。オアシス広場前で下車。100円。オアシス広場21で、一休みして、大分県美術館にちょっと立ち寄り、荷揚町のバス停までぶらぶら歩く。17:34発の大分空港行きのノンストップ便に乗るつもりだったのだが、1本早い16:59発がちょうど来たので、これに乗ってしまう。バスは大分駅前に立ち寄って(土曜日なので、ビジネスマンがいないこともあり、わりと乗客は少なかった)、高速道路経由で大分空港に向かう。空港には18:00過ぎに到着。少し遅れた。まだ明るいので、今一度、澄川喜一作品をじっくりと観覧する。

f:id:pigmonm:20190908131856j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190908131920j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190908131942j:plain:w360
リプリーズということで、澄川喜一《WINGS OF PHOENIX》(1993)

  • 帰りの飛行機は、ジェットスターGK608便、大分20:00→21:40成田の予定。だいたい予定どおりの運航だったが、空港での移動やらで時間がかかり、到着ロビーには21:55頃に出た。経路が少し変わり、1Fから直接ターミナル3の外に出られるようになったが、バス乗り場に行くには結局ペデに上がらなくてはならず、便利になったわけでもない。22:25発の終バスに乗車。23:30過ぎには無事に帰宅できた。


おわり/最初に戻る

大分(6)遊歩公園、他 彫刻放浪:別府・大分(7)

次へ
戻る

-
f:id:pigmonm:20190908132550j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190908132614j:plain:w240
佐脇健一《少年像》(1987.3設置)。大分府内城址裏手、朝日新聞社大分総局前の歩行者・自転車専用道路の入口付近に設置。


f:id:pigmonm:20190908132640j:plain:w360
府内城趾は、相変わらず何やら工事をしていて、城趾に2基ある野外彫刻は今回も探ることができなかった。

  • 遊歩公園周辺 遊歩公園は再訪。なお、遊歩公園の南側、金池小学校前付近に、以前は朝倉文夫《姉妹》があったようだが、道路整備工事などのためか、撤去されていた(前回、来訪時も同様だった)。

f:id:pigmonm:20190908114328j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190908114310j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190908114349j:plain:w360
聖フランシスコ・ザビエル像》(1969/1969.12.3設置)。制作は佐藤忠良。県庁北交差点・南西側に設置。再訪。


f:id:pigmonm:20190908114431j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190908114408j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190908114528j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190908114506j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190908114547j:plain:w360
西洋音楽発祥記念碑》(1971.10.31設置)。制作は富永直樹。県庁北交差点・南東側に設置。再訪。


f:id:pigmonm:20190908114611j:plain:w240
遊歩公園・名標


f:id:pigmonm:20190908114645j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190908114721j:plain:w360
《伊東ドン・マンショ像》(1975.10.31設置)。制作は北村西望。再訪。


f:id:pigmonm:20190908114739j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190908114803j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190908114822j:plain:w240
朝倉文夫《みどりのかげ》(1925)。1950年に白セメント製の《みどりのかげ》が遊歩公園に設置されたが、風化が激しいため、1985年4月、大分市内のライオンズクラブが国際協会337-B地区・第31回年次大会開催を記念し、ブロンズ像を寄贈、置き換えた。再訪。


f:id:pigmonm:20190908114846j:plain:w240
北村西望《健ちゃん》(1917/1969.10.31設置)。《将軍の孫》《こんにちわ》とも。再訪。


f:id:pigmonm:20190908114912j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190908114931j:plain:w360
《西洋医術発祥記念像》(1972.10.31設置)。制作は古賀忠雄。再訪。


f:id:pigmonm:20190908114954j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190908115013j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190908115030j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190908115049j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190908115113j:plain:w240
朝倉文夫《瀧廉太郎君像》(1950/1950.10.7除幕)。瀧廉太郎終焉の地の近くに立つ。再訪。


f:id:pigmonm:20190908115133j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190908115152j:plain:w360
《西洋劇発祥記念碑》(1974.10.31設置)。制作は舟越保武。再訪。


f:id:pigmonm:20190908115221j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190908115259j:plain:w360
《育児院と牛乳の記念碑》(1943.10.31設置)。制作は園鍔勝三。再訪。


f:id:pigmonm:20190908115332j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190908115349j:plain:w240
コンパルホールの、朝倉文夫《生誕》。大分中央ライオンズクラブ、ライオネスクラブの寄贈。再訪。

f:id:pigmonm:20190908115434j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190908115413j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190908115507j:plain:w240
《大分平成の塔》(1993.12設置)。デザインは磯崎新


f:id:pigmonm:20190908115538j:plain:w360
県庁舎前の、石造のオブジェ。作者などは不詳。


f:id:pigmonm:20190908115559j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190908115628j:plain:w240
中川為延《みのり》。小野田セメント株式会社の寄贈。



つづく
最初に戻る

大分(5)平和市民公園、他 彫刻放浪:別府・大分(6)

次へ
戻る

  • 高城(たかじょう)駅

f:id:pigmonm:20190908190031j:plain:w240f:id:pigmonm:20190908191311j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190908190053j:plain:w240
三浦紀代《乙女》(1989.4設置)。高城駅北口に設置。

  • 平和市民公園 わんぱく広場

f:id:pigmonm:20190908110751j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190908110734j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190908110812j:plain:w360
村上炳人《ムッちゃん平和像》(1983.8.12建立)

  • 大分県埋蔵文化財センター ここは元・大分県立芸術会館というホールと美術館を複合した施設(1977年9月開館)だったが、2015年3月31日をもって全館が閉館した(ホールは2012年3月31日に閉鎖)。その後、建物の改修が行われ、大分県埋蔵文化財センターが2017年4月に移転、オープンした。かつて、芸術会館時代には、建物の周囲にいくつかの野外彫刻/現代美術作品が設置されていた。このうち、ブールデル《聖母子》、朝倉文夫《三相》、佐藤忠良《脚を組んで・女》は、現在は撤去されているが(閉館後、後継施設の大分県美術館に収蔵されたようだ。朝倉文夫作品(《三相》)を県美のコレクション展で観たことがあるし、3作とも県美の収蔵品検索で見つかった)、以下掲載の吉村益信、飯田善國作品は、現在も埋蔵文化財センター前に設置されていた。さて、せっかくなので、大分県埋蔵文化財センターの展示も観覧。館内には、大分県内で発掘された考古資料(中世・近世を含む)を展示する豊の国考古館と、大友宗麟キリシタン関連の資料を展示するBvungo大友資料館の2つの展示施設、それと情報コーナー(図書室)やワークショップルームなどがあった。このうち、豊の国考古館をざっと観覧。大友資料館も観たかったが、現在、企画展などの準備中で、閉館していた。ちょっと心残り。

f:id:pigmonm:20190908110830j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190908110848j:plain:w360
吉村益信《コーナー・アウト・イン》(1968)


f:id:pigmonm:20190908110924j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190908110945j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190908111005j:plain:w240
飯田善國《太陽のささやき》(1988)

  • 平和市民公園 国際交流広場

f:id:pigmonm:20190908111109j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190908111128j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190908111146j:plain:w240
原田裕明《蜃気楼》(1985.4設置)。国際ロータリー第273地区1983-84年次大会開催記念に寄贈。


f:id:pigmonm:20190908111024j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190908111042j:plain:w240
岩男順《踏歌》(1987/1990.3.31設置)


f:id:pigmonm:20190908111203j:plain:w360

f:id:pigmonm:20190908111233j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190908111254j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190908111317j:plain:w240
辻畑隆子《開》(1990.4.4設置)。1988年日展特選作品。

  • 平和市民公園 和風庭園

f:id:pigmonm:20190908111344j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190908111409j:plain:w240
国清大介《女(ひと)》。第19回日展入選作品。

  • 平和市民公園 芝生広場

f:id:pigmonm:20190908111434j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190908111503j:plain:w240
辻畑隆子《立ちどまる風》(1982/1984.5設置)。1982年日展特選作品。

  • 平和市民公園 催し広場

f:id:pigmonm:20190908111534j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190908111607j:plain:w240
佐藤正八《少年像》(1981.1建立)。大分市施工大分都市計画津留土地区画整理事業竣工記念。

f:id:pigmonm:20190908111630j:plain:w360
弓道場横の、弓を射る子ども像。作者などは不詳。


f:id:pigmonm:20190908111738j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190908111654j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190908111715j:plain:w360
大分県立総合体育館前の、富永直樹《健康》(1982.3設置)。大洲総合運動公園完成記念モニュメント。

  • 南国の森(大分ホーバー基地跡地)

f:id:pigmonm:20190908111800j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190908111825j:plain:w240
溝口晴美《時-木陰》。ライオンズクラブ国際協会337-B地区・第37回年次大会開催記念に寄贈。


f:id:pigmonm:20190908111844j:plain
弁天大橋から大分川河口を望む。


つづく
最初に戻る

大分(4)中央通り周辺 彫刻放浪:別府・大分(5)

次へ
戻る

  • 中央通り(駅前大通り)周辺

f:id:pigmonm:20190908105528j:plain:w360


f:id:pigmonm:20190908105549j:plain:w360


f:id:pigmonm:20190908105612j:plain:w240
溝口寬《未央》(1989設置)。ガレリア竹町(アーケード街)入口付近に設置。


f:id:pigmonm:20190908105634j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190908105655j:plain:w240
平山史郎《レオタードの女》(1983)。昭和通り交差点・西南側に設置。


f:id:pigmonm:20190908105715j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190908105736j:plain:w240
辻畑隆子《まち風まど》(1994.4.1設置)。第25回日展・出品作。中央通りから府内5番通りを少し入ったところ(大分銀行赤レンガ館・北側)に設置。

f:id:pigmonm:20190908105758j:plain:w360
府内5番通りにあった。


f:id:pigmonm:20190908105819j:plain:w240
高田博厚《ラ・メール(海)》(1962)。大分南ロータリークラブの寄贈。大分銀行赤レンガ館前に設置。


f:id:pigmonm:20190908105836j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190908105859j:plain:w360
鈴木ヒラク《点が線の夢を見る》(2017)。赤れんが館前の地下道に設置。大分市のアートを活かしたまちづくり事業(大分市商工労政課が担当)の一環として平成28年度に制作・設置されたもので、平成29年1月から平成33年3月までの設置予定だとか。


f:id:pigmonm:20190908105919j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190908105946j:plain:w360
富永直樹《美しき広場》(1988)。大分駅前交差点・北東側の広場前に設置。


f:id:pigmonm:20190908110009j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190908110034j:plain:w360
《平和の羽音》。作者などは不詳。タイトル板はあったが、植え込みでタイトル以外は確認できなかった。


f:id:pigmonm:20190908110057j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190908110119j:plain:w240
山田良定《湖の華》。大分駅前交差点・北西側、大分銀行大分駅前支店前に設置。


f:id:pigmonm:20190908110518j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190908110141j:plain:w240
雨宮透《聖フランシスコ ザビエル像》(2015)。大分駅北口広場に設置。


f:id:pigmonm:20190908110207j:plain:w240
f:id:pigmonm:20190908110228j:plain:w240
大友宗麟公》(1982.11.3設置)。制作は富永直樹。


つづく
最初に戻る

大分(3)JR大分シティ・屋上庭園、他 彫刻放浪:別府・大分(4)

次へ
戻る

  • JR大分シティ・シティ屋上ひろば 今日の最後は、JR大分駅の駅ビル、JR大分シティ(2015年春開業)の屋上庭園「シティ屋上ひろば」を訪ねる。ここは、さながら籔内佐斗司ワンダーランドの感がある。なんでも、JR九州の会長、唐池恒二と籔内佐斗司が高校時代、同級生だったとのことで、その縁もあり、大分や博多の駅ビルの仏像彫刻などの制作を担当しているとのこと(寝台特急ななつ星」のエンブレムも籔内のデザインとか)。

f:id:pigmonm:20190908024331j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190908024349j:plain:w360
大分駅の構内数カ所に鶏像が設置されている。九州のいちばん東にある県だからということで、瑞鶏として、もてはやされ、「ぶんぶん鳥」の愛称?もあるとのこと。ということで、屋上庭園にも1羽いた。しかも、ひろばの何ヶ所かに、金の卵も産み付けられていた。


f:id:pigmonm:20190908024726j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190909141918j:plain:w240
屋上庭園の鯰たち。写真上がぶんぶん堂の池にいた鯰。下は屋上庭園中央の「ぶんぶん広場」の池にいた2尾。


f:id:pigmonm:20190908024744j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190908155147j:plain:w240
「ぶんぶん広場」で伸びていた犬。

  • 夢かなうぶんぶん堂 

f:id:pigmonm:20190908024315j:plain:w240
夢かなうぶんぶん堂。内部は二重螺旋階段になっていて、ところどころに籔内佐斗司制作の七福神像が祀られている。


f:id:pigmonm:20190908024407j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190908024425j:plain:w360


f:id:pigmonm:20190908024445j:plain:w240
《恵比須童子大富久を釣る》


f:id:pigmonm:20190908024501j:plain:w240
《大黒天》


f:id:pigmonm:20190908024520j:plain:w360
《福禄寿童子


f:id:pigmonm:20190908024544j:plain:w240
《弁財天》


f:id:pigmonm:20190908024602j:plain:w360
《南都小鼓童子》


f:id:pigmonm:20190908024622j:plain:w360
《布袋様》


f:id:pigmonm:20190908024647j:plain:w240
毘沙門天


f:id:pigmonm:20190908024703j:plain:w360
《ぶんぶん童子

f:id:pigmonm:20190908155330j:plain:w240
《ぶんぶん童子》は大分駅の改札口(外)にも置かれているのだが、なんだか評判が悪いらしく(検索すると、「気味が悪い」とか…)、宣伝のパネルなどの後ろに置かれ、いささか冷遇されている。ちょっと、むりやり撮ったので、こんな感じになった。ぶんぶん童子は、ミツバチの子で、大分の「分」と豊後の「豊」からとられた「ぶんぶん号」(大分駅コンコースや屋上庭園を走るミニトレイン)にちなんだ名称らしい。

  • 鉄道神社 神社にお参りしようとしたら、一天にわかにかき曇り、ざあっと雨が降り出した。やむなく近くの屋根のあるところへ逃げ込み、雨が止むのを待つ。と、高校生グループも後から駆け込んできた。女子高生が5,6人に男子1人って(ハーレム?、ってわけではなさそうだったが爆)。10分ほどすると、雨も止み、鉄道神社を改めて参拝するなど。

f:id:pigmonm:20190909141955j:plain:w360


f:id:pigmonm:20190908024802j:plain:w360


f:id:pigmonm:20190908024824j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190908024842j:plain:w360
f:id:pigmonm:20190908024904j:plain:w240
《縁結び七福神

f:id:pigmonm:20190908024921j:plain:w360

  • 日も暮れかけてきた。そろそろホテルに向かう。大分駅から歩いて10分ほど。ホテル前のスーパーで飲み物などを仕入れ、チェックイン。早速風呂に浸かって、メシ食って、早々に寝入る。今回宿泊したのは、例によって格安ビジネスホテル(たしか2回目)だが、部屋は狭いながらも、Wi-Fi、シャワートイレ完備で、朝食までついて、3500円だった。もちろん製氷機もあった。先日泊まった上越のはずれホテルに比べると、同じ価格ながら、こちらは満点に近いゾ笑


つづく
最初に戻る