かけらを集める(仮)。

日記/旅行記+メモ帳+備忘録、みたいなものです。

彫刻

行かなかった日記:福井(2)

早朝散歩 JR福井→細呂木 徒歩 金津創作の森 revisited JR細呂木→加賀温泉 加賀市美術館 キャンバス(加賀周遊バス)/加賀温泉駅→片山津温泉総湯 片山津温泉総湯とその周辺 キャンバス(加賀周遊バス) →小松空港

行けなかった日記:福井(1)

今年の2月の段階では、7月にもいくつか旅行を計画していた。少し収まってきたので、出かけられるかなとも思ったのだが、またちょっとあれなので、やはりしばらく遠出は出来ないな、と結局、取りやめとした。計画では、(まあ、例によって彫刻放浪の旅なのだ…

行けなかった日記:白老・大沼公園・函館(第2日)

2日目。早起きして、JRで移動する。森6:06→6:23渡島砂原(おしまさわら)。駅から徒歩でハマナス台場公園まで移動。公園に設置されている海難慰霊碑を見学。これは本田明二の制作。詳細はわからないが、当初のものとは台座部分などが異なるようだ。 渡島砂原…

行けなかった日記:白老・大沼公園・函館(第1日)

5月の行けなかった日記、第3弾である。今回は、新千歳空港から白老、大沼公園、函館などに立ち寄り、函館から羽田に戻ってくるというルート。お目当ては、4月にオープンする予定だった白老町のポロト湖畔にあるウポポイ(民族共生象徴空間)を訪ねるつもりだ…

行けなかった日記:旭川・芦別・赤平・滝川(第2日)

2日目は、芦別、赤平、滝川の野外彫刻を探る。まず、早く起きて、北海道中央バス・芦旭線で、旭川6:40→7:50北大通→8:00芦別駅(1360円SUICA可)と移動する。駅まで行かずに、いくつか手前の北大通バス停で下車すると、北大通りの坂坦道作品に近くていいよう…

行けなかった日記:旭川・芦別・赤平・滝川(第1日)

5月の行けなかった日記、第2弾。今回は北海道、旭川市とその周辺の市町村の野外彫刻を訪ねる予定を立てていた。 Air Doで、羽田-旭川を往復する予定だったが、新型コロナウィルスの影響で、欠航となり、今回の旅行も中止となった。4月24日にAir Doから欠航通…

行けなかった日記:高松市周辺(第2日)

行けなかった日記の高松編・第2日。この日も、天気がよければ、駅前で高松市のレンタサイクルを借りて、うろうろする予定。高松市内の野外彫刻、中でも「石フェス」の作品は、学校の構内に設置されているものを除けば、けっこう観ているのだが、それでもまだ…

行けなかった日記:高松(第1日)

5月の行けなかった日記第一弾。GWは家でおとなしくしている予定だったが(実際、その通りだった)、5月は、GW後に、いくつか泊まりがけで飽きもせず(笑)彫刻放浪を予定していた。その第一弾が高松だったのだが、搭乗予定の飛行機が欠航となり(その後、緊…

行けなかった日記:奈良/井上武吉ツアー(第1日)

行けなかった日記、4月・第2弾である。 4月15、16日と主に奈良県にある野外彫刻の類、主に井上武吉関連の作品を観に行く予定だった。が、往復の飛行機が欠航となったため、中止とすることとした。まあ、その後、オレの住んでいる地域に緊急事態宣言も出たし…

行けなかった日記:姫路・小豆島(第2日)

2日目の行けなかった日記。まず朝一番で姫路港に向かう。ここから小豆島福田港までフェリーに乗るのだが、その前に短時間ながら、姫路港周辺の野外彫刻を探る予定だった。そのうちの1基、淀井敏夫《希望》(1985)は、もと姫路駅前にあったもので、駅前の再…

行けなかった日記:福島(第2日)

行けなかったの福島2日目。午前中は、伊達市梁川周辺の野外彫刻を観て回る。梁川は、彫刻家・太田良平(1913-1997)の出身地で、多くの野外彫刻が設置されている他、伊達市梁川美術館でも作品が常設展示されている。これらを訪ねるプランを立てた次第。阿武…

行けなかった日記:福島(第1日)

3月の行けなかった日記の第2弾は、青春18きっぷを利用して、福島市など、福島県内(中通)を彫刻放浪する予定を立てていた。 初日は、18きっぷで福島市内に移動し、レンタサイクルを借り出して、彫刻を観て回る。JR福島までは、最寄り始発に乗れば、JRのみ利…

行けなかった日記:鈴鹿、知立、碧南、他(第2日)

さて、2日目。なるべく早く起きて、知立の野外彫刻を観て回る。

行けなかった日記:鈴鹿、知立、碧南、他(第1日)

3月から4月にかけて、青春18きっぷを利用して、野外彫刻を観るために、いくつかの町を訪ねるつもりでいたのだが、新型コロナウィルスの影響で、残念ながら、すべての予定をキャンセルした。どこでどの彫刻を観るかなど、いろいろと調べたりもしたので、今後…

彫刻放浪:熊本市(6)

戻る 県美の野外彫刻を観覧後、北側へ抜け、熊本市立熊本博物館前を通り、砂薬子坂を下り、城域の外に出る。本妙寺までふらふら歩く。先を急いでしまったが、後で時間があまったこともあり、今まで見学したことのない熊本博物館は立ち寄るべきだったなと。 …

彫刻放浪:熊本市(5)

次へ 戻る 熊本城 その後、城彩苑を抜け、二の丸広場を経て、修復中の熊本城を観覧。加藤神社を参拝して、県美に向かう。週末には熊本城の修復も含めた見学できるようだ。 熊本城・未申櫓 西出丸の南西角にある3階櫓。明治期に解体されたが、2003年に木造で…

彫刻放浪:熊本市(4)

次へ 戻る 7:00過ぎに起き出す。身仕度をして、1Fで朝食。まあまあ。8:00頃、チェックアウト。水前寺成趣園に立ち寄ろうかと思ったのだが、2月は8:30からの開園なので(3月から10月は7:30開園)、まだ開いていない。一度訪ねたこともあり、今回は見送ること…

彫刻放浪:熊本市(3)

次へ 戻る 長六橋の4美人 時間に余裕があるので、明日行く予定の長六橋に行くことにした。市電Aラインで河原町電停まで移動。ここから歩いてすぐのところに長六橋がある。長六橋は白川にかかる橋で、初代の橋が加藤清正により1601年(慶長6)に架けられたこ…

彫刻放浪:熊本市(2)

次へ 戻る 次は江津湖の方に向かう。まずは、図書館へ。 熊本県立図書館/くまもと歴史・文学館 くまもと歴史・文学館で開催中の「山崎文庫展」と常設展示をざっと観覧した。 本田貴侶《花咲く乙女に》(1973/1985.11)。熊本県立図書館新館落成記念。 古賀勝…

彫刻放浪:熊本市(1)

次へ 久しぶりに熊本へ行ってきた。そういえば熊本で、野外彫刻の類は見て回ったことがなかったな。ということで、お目当ては市内に散在する野外彫刻である。 少し早いが、最寄り始発バスで成田空港に向かう。6:10頃にT3に到着。今日の飛行機は、Jetstar GK6…

鹿児島市(6)甲突川  彫刻放浪:鹿児島(8)

戻る 甲突川 revisited 今回の旅程の最後に、甲突川沿いに設置されている彫刻を再訪。下流から上流に向かって歩く。 桑原巨守《春のよろこび》(1993設置)。左岸設置。鹿児島市による(彫刻のあるまちづくり事業)。 舟越保武《渚》(1991設置)。左岸設置…

鹿児島市(5)  彫刻放浪:鹿児島(7)

次へ 戻る 鹿児島中央駅まで戻り、市電で郡元まで移動。170円。そう言えば、昼食を食べていなかったと、電停前のイオンでちょっとパンなどを買って、昼食ということにする。鴨池公民館(改修工事中)、貴様と俺の碑を経て、鹿児島県赤十字血液センター前の中…

鹿児島市(4)長島美術館  彫刻放浪:鹿児島(6)

次へ 戻る 長島美術館の野外彫刻 竹道久《風の道標》 下川路敏彦《木の実の女》 竹道久《想》 南安廣《月礁夜》 アンドレ・ラブ—《TOTEM》 新妻實《風洞》。検索:新妻実 山田正治《平和》 宮永愛子《UTSUROI》 岡村勤史《薩摩の風》 柳原義達《道標》 竹道…

鹿児島市(3)  彫刻放浪:鹿児島(5)

次へ 戻る JR鹿児島駅前 JR鹿児島駅まで歩く。市電の電停周辺の整備工事のため、ちょっとごちゃごっちゃしていた。この整備工事のため、市電は鹿児島駅前までは行かず、桜島桟橋通が終点だった。 駅前広場のカリヨン。「レインボーベル」というそうだ。 石橋…

鹿児島市(2)  彫刻放浪:鹿児島(4)

次へ 戻る 7:00過ぎに起床。身仕度をして、1Fのレストランで朝食。セミバイキングの和定食だったが、豚しゃぶと具だくさんの味噌汁がとてもおいしい。格安料金で泊まったので、なんだか申し訳ないくらい朝食は充実していたのであった笑 8:00過ぎにチェックア…

指宿 彫刻放浪:鹿児島(3)

次へ 戻る 東入野バス停から、15:30発(5分遅れてきた)鹿児島交通・なのはな館行きのバスに乗車。30分強の乗車で、指宿駅前バス停に到着。590円。 JR指宿駅前足湯(東口)の家族連れ まず懸案?の足湯の家族連れの像から。 《湯浴み》。作者などは不詳。我…

花瀬望比公園 彫刻放浪:鹿児島(2)

次へ 戻る 入野駅から花瀬望比公園に向かう途中で見た開聞岳 JR鹿児島中央駅のクレカの使える券売機で入野までの乗車券を購入。1310円。指宿枕崎線では喜入まではICカードが使えるようだった。12:04発の枕崎行き各停に乗車。2両編成の気動車で、ワンマン運行…

鹿児島市(1) 彫刻放浪:鹿児島(1)

次へ 鹿児島へ行ってきた。なんだかんだ言って、ここのところ、毎年来ているな。今回も、例によって、彫刻放浪の旅、である。先日、中村晋也の作品集を手に入れたのだが、巻末の年譜を見てみると、鹿児島市内だけでも、まだまだ観たことのない野外彫刻や碑の…

彫刻放浪:中央区/ニチレイ東銀座ビルの井上武吉とあかつき公園

ニチレイ東銀座ビルの井上武吉 前回は、はとば公園の井上武吉《my sky hole 92-6 水の情景》(1993)を観に来た際、ちょっと気になって、井上武吉作品とは知らずに、なんとはなしに観ていた。ということで、改めて、観に来た次第。もちろん、すぐ近くのはと…

彫刻放浪:江東区/東陽町→横十間川親水公園→仙台堀川親水公園→騎馬公園/東京都現代美術館

東陽2丁目ポケット広場 revisted 最寄りから東西線東陽町駅まで移動し、まず、東陽町2丁目ポケット広場の彫刻を再訪した。(この辺りの前回来た時の様子はここ。) 堀内健二《Standing Alone》(1985)。前回訪ねた時、写真を撮り忘れたこの作品から。 左:…